オススメ記事(外部)

【怖いもの好き集合】世界に存在する「地獄への入り口」 10選。日本からあの場所がランクイン…

      2016/10/07

遥か昔では、死は人々にとってずっと身近な存在でした。
寿命は短く、病院もない時代人は多くの死と直面していました。
だから、古代の人にとって死期を感じるのは自然なことで、死後の世界は平等だと信じていました。

現代でも死後の世界(地獄)を感じることの出来る、地獄の入り口と呼ばれる場所が存在します。
世界に存在する10箇所の地獄の入り口を紹介します。

スポンサードリンク

10. アレポトリパ(ギリシャ)

1

Alepotrypaはギリシャ語で”隠れ家”を意味し、ギリシャ神話の冥府の神、ハデスと強い関係のある洞窟です。
この洞窟にある湖はこの世とあの世の境界だと信じられています。

この洞窟は数千年間、見つからなかったが、狩猟犬とその主人がきつねを追いかけているとき偶然発見しました。

この場所では6,000年程前に、埋葬や儀式を行っていました。
170を超える遺体の周囲には多くの土器や献納品が発見され、一組のカップルの遺体死後の世界へと一緒に旅立てるようにと抱き合ったまま発見されました。

9. アクトゥン・トゥニチル・ムクナル(アメリカ)

2

アクトゥン・トゥニチル・ムクナルはベリーズにある洞窟で、マヤ族の神話に出てくる地下世界、シルバへの入り口と信じられています。
マヤ族はこの洞窟で、火や土器、そして生贄を神へ捧げていました。
生贄に選ばれた者は頭をたたき割られ、倒れた場所に置き去りにされていたそうです。

この洞窟にたどり着くためには、首までつかる水の中を通らなければいけません。
そこに流れる水はミネラルを豊富に含み、それにより生贄の遺骨はクリスタルに覆われ地面にぴったりと固まったのです。
神話以上にこの洞窟には人を返信させる力があったのです。
クリスタル化した遺体の一つはクリスタル・メイデンと呼ばれ有名です。

8. プルトニウム(トルコ)

3

放射性物質として知られるプラトニウムはギリシャ神話のプルトン(ハデスの別名)の門の名前でもあります。
別名プルトニオンとも呼ばれています。
現在のトルコのパムカッレにあるヒエラポリスには、地元の人から”悪魔の穴”と呼ばれる場所があります。
そこはプルトンの遺跡が発見された場所でもあります。

プルトニウムについては古代の記述も存在するが、アポロ神殿の側で発見されたの最近の出来事です。
アポロ神殿を発掘中に発見されました。
この場所は二酸化炭素が排出されていて、発掘中に近くにきた鳥が窒息して死んだこともあったそうです。

7. マサヤ火山(ニカラグア)

4

スペインからの侵略者たちがニカラグアに到着してすぐに見たものが噴火したマサヤ火山でした。
彼らはすぐにこの山をラ・ボカ・デル・インフェルノ(”地獄の口”)と名づけました。

ニカラグアの人々はマサヤ火山が地獄の入り口だとは全く信じていなかったが、スペイン人たちはすぐに悪魔祓いを行いました。

一方で、ニカラグアの人々はマサヤ火山に神がいると信じ、干ばつを終わらせるために妻や子供を生贄にしていました。
しかし、キリスト教を信仰するスペイン人にとっては異教徒の神は悪魔でしかなかったのでしょう。

一人の修道士は「燃料もなく燃え続けるニカラグアの火山は地獄の入り口に違いありません。その火は悪魔からの罪人への地獄の業火なのです。」と語りました。
火山から吹き出る大量の亜硫酸ガスはここを地獄だと感じさせるのには十分なのでしょう。

6. ペルグーサ湖(シチリア)

5

シチリアにあるエトナ山も地獄の入り口といわれる場所ですが、この場所はハデスが豊穣の女神の娘、ペルセフォネを冥界に連れ去った場所でもあります。
詩人のオヴィッドはペルグーサ湖で遊んでいるペルセフォネがどのようにハデスに攫われたかを詩にしています。
怒ったペルセフォネの父神、ゼウスは作物の成長を止めてしまいました。

そこで、ペルセフォネは一年の半分の春と夏を地上で過ごし、秋と冬はハデスと共に冥界で過ごすことにしました。
毎年春になるとペルセフォネはペルグーサ湖から現れます。
そしてゼウスはエテナ山にある神殿に娘に会うためにやってきます。

5. 地獄への扉(トルクメニスタン)

6

トルクメニスタンには一年中燃え続けているクレーターがあります。
いつから燃え続けているのかは明らかになっていません。

1971年に行われたソ連の実験では、有毒ガスが発生していることがわかりました。
そして、その有毒ガスによってクレーターは燃え続けていると結論付けました。

地獄への扉として有名なダルヴァザクレーターは歴史的価値があるわけではないが、何もないこの場所で観光客を集めています。
また、熱と温かさが蜘蛛を引き寄せ、その炎の中に身を投じる場所でもあります。

4. 別府地獄めぐり

7

他の地獄への入り口とは違い、別府地獄めぐりはバスで簡単行くことができます。
日本は環太平洋火山帯に位置し、多くの火山現象を見ることができます。
温泉もその一つです。

別府の温泉は幻想的な泥色をしていて、それを観た観光客に地獄を連想させます。
別府地獄めぐりでは輝く青い、美しい海地獄から赤い水と深紅の湯煙を持つ血の池地獄まで幅広い種類を見ることができます。

一見普通の観光地ですが、過去には拷問や処刑でこの焼けるように熱いお湯を使っていたこともあります。

3. 酆都鬼城(中国)

8

中国、名山にはいくつもの寺院が立ち並んでいます。そして全ての寺院が死後の世界と関連したものです。
陰長生と王方平という二人の道士が仙人になった場所と言い伝えられています。

そして二人の名前の陰と王を繋げると閻魔になるということからこの寺院が建てられました。

地獄行きを逃れるためには3つの試験を合格しなければいけません。
正しい心の持ち主しか試験を通過できず、逆に邪悪な心の持ち主は地獄に落とされてしまいます。

2. シビュラの洞窟

9

古代の人々は神託を真剣に受け止めていました。
神の加護の元で特定の人物が未来を見ることができたのです。

シビュラは女性の預言者で人々の問いに答えていました。
最も有名なシビュラはイタリアのクマエのシビュラとされています。

古代ローマの詩人ウェルギリウスの叙事詩『アエネーイス』では、英雄アエネーアースもクマエのシビュラの神託を聞いています。
シビュラはローマ帝国の建国と冥界で進むべき道をアエネーアースに教えました。

1932年に発見されたこの洞窟にはいくつもの入り口があり、『アエネーイス』でシビュラが神託を受けた”100の口”のようです。

1. エフィラのネクロマンテイオン(ギリシャ)

10

冥界の王ハデスは5つの川を作りました。
アケローン川(苦悩の川)、プレゲトーン川(火の川)、そしてコキュートス川(悲嘆の川)の3つの川のそばにエフィラのネクロマンテイオンはあります。

アケローン川はこの世と地獄の境界にある川で、渡し守のカロンがこの川を越えて死者の魂を地獄へ渡しているとされています。
エフィネのネクロマンテイオンではアケローン川を渡る使者と話ができると言われています。

死者と話がしたい人は、体を清め、鉄の門を超えながら地下へと降りていき、暗闇の中で灯りをともします。
そうすると、死者の魂を見ることができるのです。

調査によると、遺跡からは車輪とラチェット、そして人型の像を動かす仕掛けが発見されました。
地獄に近い川といっても、司祭には魂を呼び寄せるための仕掛けが必要だったようです。

海外の反応

ラ・ボカ・デル・インフェルノはポルトガル語だね。
この場所は特におかしなことは何もないよ。入場料も必要ないしね。

チャッキーチーズの存在を忘れていない?

地獄に行く場合は入場券が必要かな?

↑その場合は自分自身が入場券だろうね。入場料は必要ないよ。

プルトリウム!地獄の門にぴったりの名前だね。
世界にはもっと多くの地獄の入り口があって、すごく恐ろしいよ。

私も地獄への入り口を見つけたよ。
その場所に週5日通って、一日8時間働いてるの。

No.1のスポットでは車輪とラチェットが見つかっているんだよね?
ってことは、僧侶たちは人々に嘘をついていたって言うこと?

【 画 像 】おまえらの90%以上がイライラする画像WWW

外国人「日本人はなぜ奇妙な人が多い?英語も話せない」→「日本の文化はおかしい」

日本で「堀北真希の妹の原奈々美」が姉そっくりで可愛すぎると話題に!【台湾人の反応】

【千年に一度の逸材】日本の中学生ハーフモデル「木村ユリヤ」が超絶美少女すぎるw

アメリカ人「なぜ韓国は日本よりずっと優れた良い国なの?」海外の反応

スポンサーリンク

 - カルチャー

オススメ記事(外部)