オススメ記事(外部)

未来の小型ロボットは一家に数十台!?働き蜂のように集団で動くマイクロロボットが生活を変える!!

   

みなさんは巨大なハチの巣や、迷宮のように入り組んだアリの巣をみたことはありますか?
「小さな虫がよくやるなあ」と思いますよね。

つまるところ、それらはすべて虫の「群れ」による偉業です。

小さいながらも、多くの数が群れることによって、想像を超えるような働きをすることができるのです。
今回紹介するのは、群れを活かした「虫型」ロボットです。

スポンサードリンク

未来のマイクロロボット

nqqg7ugky2u1dlqzarhp

このマイクロロボットの名前はZooidsといいます。
現在、アメリカのスタンフォード大学をはじめとした機関が開発中のものです。

Zooidsは1インチほどで、車輪、バッテリー、タッチセンサー、ジャイロスコープ、光学センサーといった機構を備えています。

Gifでご覧いただけた通り、10コほどのZooidsたちが主人の元に、スマートフォンを届けてくれています。
「この程度であれば大したことないんじゃない?」という声も聞こえてきそうなので、ぜひ次の動画をご覧ください。

どうでしょうか? こんなにも複雑な動きを可能としているのです。

wps24AE.tmp 
はじめは一列だったボットたちが、

wps24BF.tmp 
複雑に動きながら、

wps24C0.tmp 
キレイな円を完成させています!!

wps24C1.tmp 
こちらでは手にもつZooidsの左右に、同じ距離をとりながら動く2台と、背後に不思議な動きを規則的にとるボットたちがいます。

wps24C2.tmp 
こちらではあらかじめプログラミングされた座標に動くようになっていますね。

人工知能は低いそうですが、頭にある機構によって、互いの位置を常に測ることにより為せる技だといいます。

想像してみてください。大量のZooidsたちがあなたの家にいる様を。
それらのロボット達が部屋を掃除し、あなたをベッドまで運んでくれるのです。

あまりに多すぎると気持ち悪いかもしれませんが、 もちろんZooidsのままの形でなくてもいいのです。

ただ将来、このような小型ロボット達が、私たちの生活に新しい日常をつくり出してくれるかもしれないのです。

海外の反応

・ 人の動きをロボットで真似るのは難しいと言うしね。

・ 複雑なロボットよりもこっちすげえ!時間はかかるかもしれないけど、こいつらがウチの芝生をキレイに刈り込んでくれたら最高だ。ソーラーパワーつけたり。

↑こういうこっちゃな。
wps24C3.tmp

↑いつかこいつらが合体してターミネーターにならないことを祈る。

↑こういうの想像してた・・・。
wps24D3.tmp

↑ミニオンの皮膚つけるわけか。

↑こいつらがスマフォになればよくね?

↑自動で充電してもらわないと。スマフォ持ってきてもらうのにこれ50コわたしが充電とか(笑)

・ 速く動くなあ。昔似たようなの見たときもっと遅い動きしてた。

・ かわいいー。まっくろくろすけみたい!

・ 鼻つけて変な動きさせたい。

この一般正解率が5%の問題wwwwwwwww

差別の意図はない!?日本での不満をもらすドイツ人に海外議論(海外反応)

【GIF】これを超える放送事故ってあんの?wwwwwwwwwwwwww

【画像】ネッコ氏、イッヌに育てられた結果WWWWWW

経験上、「マジでやめとけ」ってこと

スポンサーリンク

 - カルチャー

オススメ記事(外部)