オススメ記事(外部)

「台湾にもいるぞ!」黒板アートで○○を描き、教科書を一切使わない教師が発掘される

   

先日、黒板アートでアニメ「君の名は」や名作絵画を描き出す日本人教師を「Talko」内で紹介しました。

日本人教師を海外が大絶賛!先生の描く黒板アートのクオリティが異常すぎる

,

その後、「いやいや、この程度なら台湾にもいるぞ!」という一人の台湾の声により、台湾人教師の黒板アート?が精密すぎると話題になっています。

「 That's sounds good 」 ←これを何て和訳するかでおまえらの学歴がバレる模様

欧米人に大人気のこの髪型が日本では流行らない理由ww(※画像あり)

韓国人「日本のうらやましい点をいくつか紹介する」→「韓国の伝統文化をたくさん取り入れて発展させましたね」

スポンサードリンク

教科書の代わりに使用しているのは手書きの○○!

chinese-teacher-anatomical-chalkboard-drawings-1-22

学校の授業風景と言えば机に座って背中を丸め、教科書を凝視する姿を想像しますよね。
下手するとそのまま睡魔に襲われてしまったりも…。

ところがその常識を覆す驚くべき授業を行っている先生が台湾で話題になっています。

台湾人のチュアン ビン・チャン( 鍾全斌 )さんは、授業中にすごすぎるチョークさばきでスラスラと鮮やかな人体解剖図を描いているのです。

chinese-teacher-anatomical-chalkboard-drawings-2 
chinese-teacher-anatomical-chalkboard-drawings-7
chinese-teacher-anatomical-chalkboard-drawings-1

チュアンさんは樹徳科大学の視覚伝達デザイン科で美術解剖学のクラスを受け持っています。
チュアンさんの授業では教科書を使わず、カラフルなチョークを使い人体の骨格や筋肉をスケッチし講義を行っています。

海外サイト「Bored Panda」のインタビュー でチュアンさんは自身の講義について以下のように語っています。

「もちろん私たちは教科書を用意していますが、講義には使用していません。美術解剖学は教科書を読んでその絵を見るだけでは学ぶことが出来ないからです。」

「だから私の講義では黒板に人体の絵を描くんです。そして生徒たちにも私が描いた絵と同じものを描いてもらっています。」

chinese-teacher-anatomical-chalkboard-drawings-3
chinese-teacher-anatomical-chalkboard-drawings-15
chinese-teacher-anatomical-chalkboard-drawings-16

黒板アートの日本人と比べると質は明らかに落ちますが、授業をしながら書いちゃうわけなので…。
そのスピードが凄いですよね!

chinese-teacher-anatomical-chalkboard-drawings-2

海外の反応

・彼が生徒たちに同じ絵を描くのを強制しなければいいのだけれど…

・彼の技術はとてもすごいけど、黒板に絵を描くのに時間がかかりすぎて実際に講義する時間が十分にあるのか心配だな。
↑私も全く同じこと思った。

・イケメン教師だな。

・台湾人すごすぎる!

・こんなに絵が描くのが上手いから、どんな風に文字を書くのかも気になるな。

・私の高校の地理の先生も世界地図を細かく黒板に書いてた。

・私も彼みたいな先生が欲しい!

・どのくらい時間をかけて絵を描いているのか気になる。

・「進撃の巨人」だ!

・美大ではみんなこんな風に描けるよ。

まとめ

黒板にチョークで直線を描くだけでも大変なのに、あんなに複雑な人体の構成を描くことができるチュアンさんはすごいですよね。
チュアンさんは顔、腕、足の部分だけを詳細を描いたり、丸々全身を描いたりするそうです。

私が生徒だったらチュアンさんの技術に圧倒されてノートをとるのも忘れてしまいそうです。

【千年に一度の逸材】日本の中学生ハーフモデル「木村ユリヤ」が超絶美少女すぎるw

本田望結ちゃん、完全にメスの顔になるwwwwwwww(※画像あり)

【文春】高畑裕太の示談金8000万、やはり大ウソだった 実際は…

アメリカ人「なぜ韓国は日本よりずっと優れた良い国なの?」海外の反応

【速報】ロシアの女子小学生、スタイルが良すぎて素晴らしい【画像】

【海外の反応】「出川は日本で有名なコメディアン!」出川哲朗の〈池ポチャ〉芸に 外国人も大爆笑

スポンサーリンク

 - アート

オススメ記事(外部)