オススメ記事(外部)

↓コメント欄もチェックしてね!

特攻隊からの手紙|第二次世界大戦従軍兵による戦場からの手紙が現代人の胸を打つ…

これから死ぬと分かっていたら、あなたはやはり、愛する人に言葉を残しますか?

第2次世界大戦では、6千万人もの人が命を失いました。
そんな人々の中に、これから死ぬと分かって手紙を残した人や、たまたま書いた手紙が最後となった人がいます。

これからご紹介する手紙を読めば、筆者の心や性格、歴史上最も過酷であった時代に彼らが優先したものや彼らの人生を垣間見ることができるかもしれません。

特攻前の思い

10a-Ryoji-Uehara

1945年5月11日、上原良司は特別攻撃隊の一員として沖縄戦で亡くなりました。
特攻前夜、彼は戦争に対する思いや戦争における彼の役割を手紙にしたためました。
その手紙は、感謝の言葉で始まっています。

“栄光ある祖国日本の代表的攻撃隊ともいうべき陸軍特別攻撃隊に選ばれ、身の光栄これに過ぐるものなきと痛感いたしております。”

しかし上原は、喜んでばかりいるような兵士ではありませんでした。
自国の情勢がどうなっているのか分からないほど、盲目ではなかったのです。
それでも、彼は自分の任務を遂行することに喜びを感じていて、彼の思いは自国とは相対するイデオロギーにとどまっていました。

“権力主義全体主義の国家は一時的に隆盛であろうとも必ずや最後には敗れる事は明白な事実です。
我々はその真理を今次世界大戦の枢軸国家において見る事ができると思います。
ファシズムのイタリアは如何、ナチズムのドイツまたすでに敗れ、今や権力主義国家は土台石の壊れた建築物のごとく、次から次へと滅亡しつつあります。

真理の普遍さは今現実によって証明されつつ過去において歴史が示したごとく未来永久に自由の偉大さを証明していくと思われます。”

神風パイロットの役割については、こう書き残しています。

“空の特攻隊のパイロットは一器械に過ぎぬと一友人がいった事も確かです。
操縦桿をとる器械、人格もなく感情もなくもちろん理性もなく、ただ敵の空母艦に向かって吸いつく磁石の中の鉄の一分子に過ぎぬものです。
理性をもって考えたなら実に考えられぬ事で、強いて考うれば彼らがいうごとく自殺者とでもいいましょうか。
精神の国、日本においてのみ見られる事だと思います。
一器械である吾人は何もいう権利はありませんが、ただ願わくば愛する日本を偉大ならしめられん事を国民の方々にお願いするのみです。”

上原はこう手紙を終えました。

“言いたい事を言いたいだけ言いました。
無礼をお許し下さい。
ではこの辺で”




大浦利弘の最後の日記

9-gis-stand-guard-over-captured-defenders

1943年6月、アメリカ軍はニュージョージア島の攻略作戦を開始しますが、その主な目的は大浦利弘が配属されていたムンダ空港の奪取でした。
大浦はその間、日記を書き続けていました。
6月22日、最後から2番目の日記に、こう書きました。

“体も顔も洗っていないし、歯はもうひと月も磨いていない。
上の前歯の1つは欠けていて、体は野犬のような匂いがする。

防空壕にいてただひとつ言えることは、まだ生きているということだ。
防空壕の前にあるドラム缶は穴だらけだ。
榴散弾の破片が背中に当たり、終わったと思ったが、不思議にも死者は出なかった。
我々はすべてを敵に開放している。
ああ、友軍よ!
我々を助けに来てくれ!
奴らに日本軍の力を見せてやれ。”

6月23日の最後の日記には、戦争の結果に対する苦痛や自分の死についての考えを顕にしています。

“戦闘状況をみれば、敗北以外に何もない。
軍からの援護なし。
敵軍の完全な協力と比べれば、子どもと大人の戦争のようである。
我々の砲兵の配置は、敵の戦車に崩された。
我々は囲まれ、侵略されようとしている。
結果的に、自分の現在の位置を守るしかない。

ラバウルにいる軍や大本営は何をしているのか。
空軍と戦艦はどこへ行ってしまったのか。
負けるしかないのか。
なぜ奴らは作戦を開始しないのか。
勝つために前向きに戦っているが、武器はない。
我々は敵の戦闘機、戦艦、中砲に備えて、ライフル銃と銃剣を持っている。
勝たねばならぬと言われるには、絶対な理由がありません。

もし敵と同じく、残された武器すべてを使って最後まで戦うべきであれば、私は喜んで降伏し、勝ち、負け、怪我を追い、殺されるだろう。
でもこのような戦争では我々は大人の手の中にある赤ん坊の首と同じで、死んでもそれは嫌な死に方だろう。
なんて悔しいんだ!
私の悔しい思いは、後ろの部隊に対する恨みであり、司令官に対する憎しみである。

後ろでは、国の利益のためだと思っている。
一言で言えば、現在の状況からして、これは敗北である。
しかし、日本の司令官は常に最後まで、空軍と海軍が動くと信じているのだ。”

彼は“またマラリアにかかっている兆候がある”というぶっきらぼうな言葉で、最後の日記を終えています。
日本の逃走兵や捕虜兵はごく僅かなため、大浦が生き残ったとは考えられません。
最後の日記の4日後には日本軍はこのエリアから撤退し、8月5日には飛行場がアメリカ軍に奪取されました。





次ページに続く

スポンサーリンク

↓コメント欄もチェックしてね!

フォローされると喜びます

『特攻隊からの手紙|第二次世界大戦従軍兵による戦場からの手紙が現代人の胸を打つ…』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/04/03(月) 04:17:17 ID:15d0657d6 返信

    意図的な物を感じる選出。
    「枢軸国は悪」という編纂者の思想が透けて見える。
    『きけわだつみのこえ』と似た臭いがする。
    上原良司は全体主義の暴走を鋭く批判し戦後左翼に利用されちゃった方。
    彼を出すなら右翼から愛されてる黒木博司などの遺書も紹介すべきだろう。
    公平性を無視した選出にこの編纂者の思想的限界を感じる。

  2. 名前:  投稿日:2017/04/03(月) 07:13:34 ID:18e1f9ff0 返信

    六千万人といっても、そのほとんどはソ連と中国における自国民虐殺・・・

  3. 名前:匿名 投稿日:2017/04/03(月) 07:52:02 ID:ae6d7e27e 返信

    全体主義とは特定の思想や価値観によって全体が染め上げられることであり疑うことが許されないという状況であり、政治的に右か左かということではない。
    リベラルは右に寄ることが全体主義だと思い込んでるアホが多すぎて困る。
    戦前を右の全体主義と言うのであれば戦後は左の全体主義であり、戦後のリベラルナチズムが全体主義を批判するのは矛盾でしかない。
     戦後、白人国家は急速に衰退したわけだが、正義の国は発展するのでは無かったのか?
    戦前は人種差別と植民地支配の全体主義に明け暮れ、戦後はリベラルナチズムの全体主義に明け暮れた白人国家とそれを真似るだけの現代、どのつら下げて全体主義を批判するのか。
    特攻隊の遺書を部分的に都合よく利用するな。

    • 名前:  投稿日:2017/04/03(月) 11:06:44 ID:f2359c353 返信

      そもそも白人は自分達が始めた植民地帝国主義を悪いと思わず、
      ドイツと日本、ソ連と中国が資本主義を悪用したと思い込んでいる

      ガルパンを児童ポルノと否定したイギリス人の女記者とガルパンの
      キャラデザを担当した人が会談して、ガルパンの野上先生が話したのは

      「私とこの人のOSが全く違う事に気づいた。私は人間誰しも欲望にまみれ、
      それを発散するのは自然だと思うと言うと、イギリス人のお姉さんは
      人間は誰もが清廉潔白なのに、アニメや暴力的なハリウッド映画に影響されて
      汚くなると答えた。つまりイギリスでは先天的な障害を持っている人は人間と
      思っていないらしい」と

    • 名前:匿名 投稿日:2017/04/03(月) 11:15:06 ID:695c8e048 返信

      トータリズムってのは個人の利益より社会の利益のほうが優先されるという意味。アンチ民主主義を普通はファシズムという。どっちも日本語では全体主義だがな。

  4. 名前:匿名 投稿日:2017/04/03(月) 10:03:26 ID:673b0b500 返信

    ※3
    今の左翼は戦前の右翼に似ているという漠然とした疑念が、この文を見てはっきりしてきました。

  5. 名前:匿名 投稿日:2017/04/03(月) 15:58:02 ID:b80d345fc 返信

    現場の兵士は気の毒だ。
    上は何をしているのだ、と思うよな・・・。

  6. 名前:匿名 投稿日:2017/04/03(月) 17:25:11 ID:a543c6001 返信

    まあ、自国を守るという大義はこうでなくてはな
    国、文化、環境、故郷、家族の関係を壊されたくない思いはどこの国の人も同じ
    今の日本人は中国や北朝鮮、韓国そしてロシアが軍事的侵略をしてきたら、しっかり抗えるだろうか

  7. 名前:匿名 投稿日:2017/04/03(月) 22:43:21 ID:81cb3a70f 返信

    辛くて苦しい過去だが 当時の行動が今を創っている 今の平和と高度な安定した生活があるのは当時の行動があったからだ。 
    将来において 戦うとどうなるかを想定し問題を投げかけるならば
    戦わないとどうなるかの想定もでるはずなのだ 戦うことによって辛く苦しい事が生み出されるであろうが 戦わないことによってもまた別の辛く苦しい苦難が生み出されるものなのだよ 戦わなければ辛く苦しい事にはならないと思うのはそれもまた愚かな思考

  8. 名前:匿名 投稿日:2017/04/03(月) 23:14:25 ID:982829ac6 返信

    当時の人が書いた達筆な筆文字も見てみたい

  9. 名前:匿名 投稿日:2017/04/04(火) 00:04:33 ID:b04b6108e 返信

    英国軍パイロットが死んだ1940年下旬のイギリス海峡って、まだフランスが降伏せず戦闘中、最前線ではないにせよ何故そんな所で訓練、そしてドイツ軍もいないのにどうやって「殺された」のか?事故死な気がするんだが

  10. 名前:な・な~んと 投稿日:2017/04/04(火) 11:38:03 ID:fe689ccc0 返信

    いや~大航海時代に始まる植民地主義程の犠牲じゃ~ありませんしw
    その犠牲の続きが大戦へ、またその続きが冷戦へ、その続きが中東その他
    の戦乱へ・・でもまだまだ植民地主義の犠牲の方が大きいよ。

  11. 名前:匿名 投稿日:2017/04/04(火) 14:12:35 ID:489264cbb 返信

    歪んだ意図を感じるな

  12. 名前:匿名 投稿日:2017/04/04(火) 15:21:25 ID:661e3eeb1 返信

    手紙のチョイスの仕方が 枢軸=悪 連合=英雄 になってる

  13. 名前:匿名 投稿日:2017/04/04(火) 20:43:14 ID:e2bd6ee41 返信

    これで、わかる事は、
    手紙を書けるほどの教養があり、教育を受けている事。
    上原良司氏の遺書には、世界を肩で風を切って歩ける偉大な日本を夢見ていたと言う、
    部分が抜けているわけで、イメージ操作ありありですよね。
    なぜか。自分は未だ、戦時中の中国人の一兵士の遺書を読んだことがない。